Nasu Animal Kingdom Official Blog
オフィシャル・ブログ
王国タウン 2022/06/20 Nasu Animal Kingdom Official Blog オフィシャル・ブログ

スナネコ誕生秘話 後編

みなさんこんにちは!

 


さて、

「スナネコ誕生秘話 後編」ということで

さっそく前回の続きからご紹介していきます。

 


母親(ジャミール)は出産後、

とても疲れているにもかかわらず一生懸命に

赤ちゃんのお世話をしてくれていました。

 


生まれたばかりの赤ちゃんは、

必死に母親を探し、お腹の下に潜り込みますが

一頭だけお母さんから離れている仔が、、、

 


これまで、

何度か同じような場面がありながらも

ジャミールが咥えてお腹の下に入れてくれて

いたので、しばらく様子を見ることに。

 


しかし、1時間たっても母親から

離れたところにいました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、体力もなく

体温を自分で保つこともできません。

 


何とか自力で母親のところに行ってくれたら、、と

スタッフ一同願いながらも、さらに1時間後。

まだ母親から離れた場所にいた為、

一度取り上げて体温測定したところ

やはり、低体温を引き起こしていました。

 


体力を消耗していることも考慮し、

今回は保温だけでなく、一時的に人工哺育に

切り替えることになりました。


20220620 2.jpg


前回、前々回のスナネコの人工哺育と違い

今回は、体力が回復し安定した後

母親の元に戻すことを想定しての

人工哺育となりました。


 

一度、人工哺育に切り替えた仔を、もう一度

母親の元に戻すということは初めての取り組み。


 

とにかく人の匂いがつかないように

細心の注意を払いました。


 

過去2回の繁殖経験から、今回は今までと比べ

少し早めに人工哺育に切り替えたこともあり、

赤ちゃんの体温や状態が安定するまで

時間はかかりませんでした。


 

そして次の日。

一晩で状態も安定し、体力も戻ってきた為

母親の元に戻すことになりました。


 

スタッフの次の心配事は、ジャミールが

一度取り上げた仔を受け入れてくれるかどうか。


 

やはり、一度母親の元を離れてしまっているので

自分の子供として認識せず、育ててくれなく

なってしまうのではないか、

最悪の場合、赤ちゃんに対して攻撃する

可能性も考えられました。


 

いざ、仔をジャミールの元に戻し

しばらくすると、、、

 


20220620 3.jpg


 

赤ちゃんは自分から母親のお腹の下に

入ろうとし、ジャミールも

それを受け入れてくれました。


 

ハラハラと見守っていたスタッフ一同

「よかった〜」と喜び、ジャミールの

優しさに助けられました。


 

その後も、ジャミールは一生懸命に

3頭の赤ちゃんを育ててくれました。


20220620 4.jpg


 

少し休憩中のジャミール。

子育ては、やはり大変そうです。


 

20220620 5.jpg


そして、生後2週間ほどで目が開き始め、

よちよちとおぼつかないながらも、

動き回ることが増えました。


 

生後1ヶ月頃には、細かくしたお肉も

自分で食べられるようになりました。


20220620 6.jpg


 

その後の成長は本当にあっという間。


20220620 7.jpg


初めの頃は、うんちを踏ん張っている時も

しっかり踏ん張れずに、ゆらゆらしていました。


20220620 8.jpg


3頭はいつもくっついて寝ています。

寝顔はまさに天使のようですね。 


 

20220620 9.jpg


絶賛、甘えんぼ中です。


 

生後4ヶ月を過ぎた現在は、毎日

元気一杯に展示場内を走り回っています。

タイミングが合えば、スタッフが

おやつをあげているところを見られるかも!


 

今後も、日々成長していく仔供たちを

一緒に見守っていきましょう!