Nasu Animal Kingdom Official Blog
オフィシャル・ブログ
王国タウン 2021/12/20 Nasu Animal Kingdom Official Blog オフィシャル・ブログ

ワンニャンリビングでのふれあいの楽しみ方

こんにちは!ふれあい担当の松本です。


12月に入り、王国近辺では

雪がチラつく寒い季節になりました。

那須どうぶつ王国は12月から

冬季営業に入りましたが、そのタイミングで

ワンニャンリビングが再開しました。

そこで今回は、ワンニャンリビングでの

犬猫とのふれあい方や、ふれあう際の

お約束事についてお話します。

 

まずワンニャンリビングとは、

主に小型犬と猫のふれあいエリアです。


2021-12-20 1.jpg


まずは入口にて手指消毒の

ご協力をお願いしております。


2021-12-20 2.jpg


さあ、消毒が済んだら中に入りましょう!


2021-12-20 3.jpg


 

室内はこのようになっており、


2021-12-20 4.jpg


犬たちは真ん中のスペース、


2021-12-20 5.jpg


2021-12-20 6.jpg


両サイドが猫たちのスペースです。

猫専用スペースなので、人は入れません_(._.)_


 

猫エリアに犬たちも入ることは出来ませんが

猫たちは犬エリア侵入OKです。

先ほど載せた犬エリアの写真にも

猫が何頭か居ますね。

猫エリアに犬が入れない理由は簡単!

猫エリアに犬が入ると、

高貴なる猫様たちが怒るからです。笑

 


それ以外にふれあい台を用意しており、

足元に居るより台の上の方が

落ち着く犬たちを展示しています。

(日によってメンバーは違います)


2021-12-20 7.jpg


台の上の犬たちもさわれますよ~!


2021-12-20 8.jpg


2021-12-20 9.jpg


あ、もちろんこちらのエリアにも

猫ちゃんは侵入してきますよ。笑


2021-12-20 10.jpg


ほらね。

 


では触り方についてお話してきます。


2021-12-20 11.jpg


こちらがワンニャンリビングでのお約束事です。

ドッグパークでのふれあい方を

以前ブログで紹介しましたが、

犬たちの触り方は小型犬でも基本は同じです。

頭から背中にかけてゆっくりと

触ってあげてくださいね。

ワンちゃんとのふれあい方は是非

このドッグパークでのふれあい方ブログを

参考にしてみて下さい。

https://www.nasu-oukoku.com/official-blog/2021/03/post-109.html

 


ここからは猫のふれあい方について

細かく説明します。

まずは猫へのご挨拶の仕方から。


2021-12-20 12.jpg


室内にはこのように触り方や、

あいさつの仕方について書いてある

掲示物があります。

あいさつの仕方は

鼻に指を近づけてあいさつします。

ただし、勢いよく指を近づけたり、

鼻をさわってしまうと驚いてしまうので、

驚かさないようにそーっと

近づけてあげて下さいね。


2021-12-20 13.jpg


この時に、においを嗅いでくれなかったり、

しっぽをブンブン振っていたり、

指をじーっと睨むような雰囲気の時は、

イライラのサインなので、

触らない方が良いです。

写真のように、指のにおいを

嗅いでくれたらあいさつ完了です!

 


それ以外にも、飼育員手描きの猫の気持ちを

イラストで描いてある掲示物もあるので、

是非参考にしてみてくださいね。


2021-12-20 14.jpg

 


さあ、あいさつが終わったら

今度はさわってみましょう!

触れる所は犬と同じで、頭から背中です。


2021-12-20 15.jpg


2021-12-20 16.jpg


触られるのがイヤな所は

「からだの先端」と覚えていただけると

わかりやすいと思います。

耳、手、足、尻尾、お尻、などなど。

個体によっては触っても平気な子もいますが、

基本的に頭と背中以外は、

さわらないようにお願いします。


2021-12-20 17.jpg


ほら、ワタくんが尻尾さわるなよ!

と手を睨んでいます...。笑

 


猫は、あごの下やお尻を

トントンされるのが好きだと

思っている方も多いと思いますが、

王国の猫は知らない人にそこを触られると、

怒ってしまう個体もたくさんいます。

触りたい気持ちをグッとこらえて、

猫が好きな方だからこそ、

猫たちのストレスにならないように

ご協力お願いします。

 


続いて、猫の背中を触るときの注意点として、

触っている側としては

背中を触っているつもりでも、

背中の半分より下側を触ってしまうと、

その猫にとってはお尻をさわられた!と

思う可能性があるので、

背中のなるべく頭の近くを

さわってあげてくださいね。


2021-12-20 18.jpg


2021-12-20 19.jpg


このあたりです。

文章だと分かりにくいと思うので、

写真にしてみました。

 


猫は犬と違って、気分屋さんが多いです。

嫌なものは嫌!!!と、

はっきりとした性格をしているので、

間違った触り方をしてしまうと、

大人であろうとお子様であろうと

関係なく怒られてしまう可能性があります。

ワンニャンリビングでは

小さいお子様お連れの方は必ず手を繋いで、

ふれあいをして頂くお約束なのですが、

猫をさわる際は特に気を付けて頂いて、

触り方を教えながらお子様と一緒に

さわってあげて下さい。

お子様と犬猫のケガ防止のために

ご協力お願いします。

 


続いてはふれあい以外での注意事項をお話します。

犬や猫たちは室内に設置してある、

クッションや箱、キャットタワーなど

各自お気に入りの場所でくつろいでいます。


2021-12-20 20.jpg


2021-12-20 21.jpg


写真が撮りにくかったり、

触りたいけど届かなかったりする事も

あるかもしれませんが、

クッションや置物などは、

飼育員が意図してその場所に置いているので、

どうか動かさないようにお願いします。


2021-12-20 22.jpg


2021-12-20 23.jpg


犬や猫もここは触られない場所と、

分かったうえでそこで落ち着いているので、

動物たちがリラックスしておやすみ出来るように

ご協力お願いします☆


2021-12-20 24.jpg


 

それ以外に、犬たちのクッションの下には

ジョイントマットが敷いてあります。

そのマットは、犬たちがリラックスする為の

エリアなので、足で踏んだり、

マットの中に入ったりしてしまわないよう

ご協力お願いします。


2021-12-20 25.jpg


マットの外側からゆっくりと

しゃがんでさわってあげて下さいね。

 


説明は以上です。

ワンニャンリビングでの

ふれあい方は伝わりましたか?

猫によって性格は様々です。

わからない事は気軽にスタッフに

お声がけくださいね!

なお、混雑時は入場制限や、

長時間滞在を防ぐために、

一回のふれあいの時間を5分目安で

お願いしている場合がございます。

感染予防の対策として

行っておりますので予めご了承下さい。

 


では最後に12月はクリスマスの月なので、

ワンニャンリビングは

クリスマス仕様になっています。

その様子を少しだけ紹介します☆

 


室内の装飾中に、

お手伝いしましょうか?と

言いたげなお手伝い大好き犬シズク。


2021-12-20 26.jpg


見えてないのかな?と角度を変えて

飼育員にお手伝いアピール。


2021-12-20 27.jpg


天井の装飾をしていたので、

残念ながらお手伝いできることが

ありませんでした...。

 


クリスマスパーティーらしい

飾りを付けているタタン。


2021-12-20 28.jpg


クリスマス服を着て、はいチーズ☆


2021-12-20 29.jpg


特別に後ろ姿も。


2021-12-20 30.jpg


似合っているでしょ~!

 


クリスマス装飾はクリスマス当日まで

行っていますので、是非見に来てくださいね。

王国でお待ちしています☆