Nasu Animal Kingdom Official Blog
オフィシャル・ブログ
王国タウン 2020/11/23 Nasu Animal Kingdom Official Blog オフィシャル・ブログ

ジェンツーペンギン成長記録1

みなさんこんにちは、飼育員の川田です。

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン1.jpg今年もジェンツーペンギンのヒナが

産まれました!

今回は立派に成長したヒナたちの成長過程を

お届けします。


7月12日生まれ 

名前:アーク

<バンドの色>右翼:赤、左翼:青、茶2020年11月川田ブログジェンツーペンギン2.jpg


7月18日生まれ 

名前:アイル

<バンドの色>右翼:赤、左翼:白、紫2020年11月川田ブログジェンツーペンギン3.jpg


7月18日生まれ 

名前:アレス

<バンドの色>右翼:赤、左翼:茶、オレンジIMG_4890.jpg

この3羽は兄弟ではなく

それぞれ別のペアから生まれました。

名前がまだ決まっていなかったのですが

ついに今月11月にお名前が決定いたしました

7月生まれということで

<7月の夜空に見える明るい星>から

それぞれお名前をもらいました。


ジェンツーペンギンの孵化直後の体重は約80g

手のひらサイズの赤ちゃんの誕生!

こちらが生まれた日に撮影した写真です。2020年11月川田ブログジェンツーペンギン4.jpg 

まだ目は開いていませんが

羽毛はしっかり生えていてフワフワ

翼(フリッパー)はとっても小さいです。

寝顔はまさに天使。


寝相もさまざま。

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン5.jpg

フリッパーを上げていたり


2020年11月川田ブログジェンツーペンギン6.jpgお顔を隠して、片足だけ飛び出していたり


2020年11月川田ブログジェンツーペンギン7.jpgうつ伏せだったり


生後2~3日で目が開いてきました。

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン8.jpg


赤ちゃんは寝ることが仕事。

ミルクをあげている途中で寝てしまう事も

しばしばです。

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン9.jpg生後4日ほどになれば、おぼつかない感じは

ありながらも活発に動くようになってきます。

ヒナのうちにしっかりと運動させ

筋肉をつけることもとても大切。

動いた分だけお腹を空かせ

ミルクをたくさん飲み

そしてたくさん眠ります。


こちらは生後約一週間のヒナです。

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン10.jpgどうでしょう?

たった一週間ですが、だいぶ体も大きくなり

顔つきもしっかりとしてきましたよね(^^)

ジェンツーペンギンの成長はとても速く

フンボルトペンギンやケープペンギンといった

温帯に住む「温帯ペンギン」に比べても

さらに速いです


では、なぜこんなにも成長スピードが

速いのでしょうか??

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン11.jpgその答えは、この子たちが一日に飲む

ミルクの量にあります。

生後2週間くらいまでは一日に5回

スタッフがミルクを与えています。

成長のピーク時、ジェンツーペンギンの

ヒナ達は、一日に体重の約80%以上もの

ミルクを飲むことも少なくありません。

さあみなさん、よく考えてみてください...。

80%ですよ???

私たちには自分の体重の8割のごはんを

一日に食べるなんて到底できませんよね...。

では、なぜこんなにも多くのミルクを

飲むことができるのでしょうか?


それはジェンツーペンギンたちが南極周辺に

住む「極地ペンギン」だからです。

温帯ペンギンたちは気温が高く、餌も比較的

豊富なところに生息していますが

極地では気温が低いうえ、海氷などによって

餌をとるというのはとても大変なこと。

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン20.jpg親ペンギンたちはそれに加え

子育てをしなければなりません。

ゆっくりとした成長スピードでは

親の体も持たないので、できるだけ早く

ヒナ達を育てる必要があります。


そのために親たちは短い期間でヒナが育つよう

ミルクをたくさん与え、3ヶ月ほどでヒナは

巣立ちします。

なんとCちゃん、体重の106%のミルクを

飲んだ日もありました...。すごい。

ミルクを飲んだ後のヒナたちのお腹は

パンパン!!2020年11月川田ブログジェンツーペンギン12.jpg


3羽ともお腹いっぱいで眠そう...2020年11月川田ブログジェンツーペンギン13.jpg


枕にされるAちゃん(笑)

眠る時はいつも3羽仲良く一緒です。2020年11月川田ブログジェンツーペンギン14.jpg


さて、少し話しはそれますが、ヒナたちの

写真を見ていただくと、お腹の真ん中

下あたりに切れ込みのようなものは何だろう?

と思った方はいますでしょうか??

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン15.jpgこれはけっしてミルクの飲み過ぎで

お腹が裂けたのではありません!

実はペンギンたち、元からこの部分には

みんな羽が生えていないんです。

ではいったいなぜなのか...?


それは、親が卵を産んだ際、自分の体温で

直接卵を温めることができるようになんです。

普段は体温が奪われないように、卵を抱くとき

以外は周りの羽毛がこの部分をしっかりと

覆っているため、大人のペンギンを見ても

ここに羽が生えていない事には

なかなか気がつけません。

ですが、この体の仕組みは多くの鳥類がもつ

特徴の一つでもあります。

みなさん、ご存じでしたか(^^)?2020年11月川田ブログジェンツーペンギン16.jpg


毎日お世話をしていると、新しい発見や

可愛いなと思うポイントもたくさんあります。

私の一押しはペンギンたちのおしり。

名づけて「ペンケツ」!!2020年11月川田ブログジェンツーペンギン17.jpg


ヒナのうちは脚を後ろにほっぽり出して

リラックスして寝ることもしばしば...2020年11月川田ブログジェンツーペンギン18.jpg


脚が黄色いのが特徴のジェンツーペンギン。

でも実は脚の裏って黒いんです!

2020年11月川田ブログジェンツーペンギン19.jpg成長につれ、脚の色も濃くなっていきます。

意外とペンギンの脚の裏を見る機会って

ありませんよね(^^)?


では、このあたりで第一弾は終了!!

ヒナの成長記録の続きは次回にも続きます。

どんどん成長して大きくなっていく

ペンケツ写真もお楽しみに!