Nasu Animal Kingdom Official Blog
オフィシャル・ブログ
王国ファーム 2019/09/28 Nasu Animal Kingdom Official Blog オフィシャル・ブログ

トナカイの角

みなさんこんにちは!飼育員の長谷川です。

みなさんは「トナカイ」を見たことがありますか?

その存在を知っていても、実際に見たことがある人は少ないのではないでしょうか。

トナカイといえばクリスマスで有名ですよね。

そりを引っ張る強靭な体、そして、なんといっても立派な角が特徴です。

今回は、来国されたお客様からも質問の多い、トナカイの「角」についてご紹介していきます。

トナカイはシカの仲間ですが、その中でも唯一、オス・メスともに角があります。

2019年9月長谷川ブログ・トナカイ1.jpg

こちらは大人のメス。


2019年9月長谷川ブログ・トナカイ2.jpgそしてこちらが大人のオス。

メスと比べるとオスのほうが大きい角を持ちます。

あれ?トナカイの角は黒くて毛が生えているの?

よくそんな疑問を持たれる方も多いです。

トナカイ含む、シカの仲間の角には、2種類あります。

まず、毛が生えている状態の角が「袋角(ふくろづの)」。

この成長途中の袋角には血が通い、栄養が運ばれます。

そして、角がぐんぐん成長し、完成すると、皮膚は剥がれ、枝分かれした白い「枝角(えだづの)」となります。


2019年9月長谷川ブログ・トナカイ3.jpg実はトナカイ、角が毎年生え変わるんです!

先程のオスのトナカイの写真は角ができあがって、皮膚が剥がれてきたところです。 

トナカイの角は年を重ねるごとに大きくなります。

では、問題です!


2019年9月長谷川ブログ・トナカイ4.jpg

この角を持つのは、何歳のトナカイでしょうか?


 

 

 

正解は、0歳の子供トナカイです!

まだ生まれて1年目の角は枝分かれせず、まっすぐピンと生えます。

那須どうぶつ王国では、5~6月にかけて誕生した子供3頭を日替わりで展示していますので、可愛い子供トナカイたちにぜひ会いに来てくださいね!

トナカイのこども展示情報はコチラ

(天候によっては、展示をお休みする場合もあります。)

さて、今回はトナカイの角についてご紹介しましたが、トナカイはまだまだ書き足りないほど魅力たっぷりの動物です。

春夏秋冬で姿が変わり、この秋が一番かっこいい、そんなトナカイにぜひ会いに来てくださいね!