Nasu Animal Kingdom Official Blog
オフィシャル・ブログ
王国タウン 2018/08/26 Nasu Animal Kingdom Official Blog オフィシャル・ブログ

「ケア」をご紹介!

2018年8月富川ブログ ケア1.jpg皆さんこんにちは!

今回は「ケア」についてご紹介します!

こちらが、「ケア」の「キノ」と「コア」です!


2018年8月富川ブログ ケア2.jpg見分け方は鼻の色が白いのがコア


2018年8月富川ブログ ケア3.jpg黒いのがキノです。

ケアの名前の由来は「きーあー」と聞こえる鳴き声からだと言われています。

また和名ではミヤマオウムと呼ばれています。

なんと日本の動物園では那須どうぶつ王国が初めて展示を開始した、とても珍しい鳥なんです!

では早速ケアの魅力をご紹介します。

ケアの一番の魅力は何といってもその頭の良さです。

ケアは世界で最も知能の発達した動物の一種と言われています。

もちろん那須どうぶつ王国でもその知能の高さをご覧いただけます!


2018年8月富川ブログ ケア4.jpgケアの展示場にはこのようなフィーダーという装置が置いてあります。

この写真のフィーダーはケアが頭を突っ込んでも届かないくらい

約3分の1ほど水を入れたところに、リンゴやヒマワリの種などのおやつを入れてあります。

おやつを取り出すためには、中に入っているお玉を使ってすくい出さなければなりません!


2018年8月富川ブログ ケア5.jpg手を使う動物には簡単かもしれないこの装置。

鳥のケアは果たしてうまくおやつをゲットすることが出来るのか・・・

と、ドキドキしながら見ていると早速近寄ってきて、フィーダーに興味津々。

中にあるおやつを発見したようです。


2018年8月富川ブログ ケア6.jpgお玉も発見!


2018年8月富川ブログ ケア7.jpg上に登ってお玉をくわえて・・・


2018年8月富川ブログ ケア8.jpgクチバシと足でお玉を持ち替えながら、、、


2018年8月富川ブログ ケア10.jpg上手にすくったリンゴを、、、


2018年8月富川ブログ ケア11.jpgゲット!!!


2018年8月富川ブログ ケア13.jpg満足そうにリンゴを食べていました

こんな風に頭の良い「ケア」達はすぐに学習しておやつをゲットしてしまうんです!

私たち飼育員も「コア」と「キノ」に負けないくらいの新たなフィーダーを製作しようと考え中です!!


2018年8月富川ブログ ケア14.jpg

野生下の「ケア」達はニュージーランドの山岳地帯に生息しています。

そんな「ケア」は羊の国ともいわれるニュージーランドでは、19世紀ごろまで羊にいたずらをしていたり、羊を食べる害鳥として多くの「ケア」が駆除されてきました。

また島に持ち込まれた哺乳類に捕食され、数が減っていきました。

現在は法律により保護されていますが、生息数はわずか5000羽程度。

そんな「ケア」達の生きる環境を守るためにも、まずは多くの人に「ケア」について知ってもらうことが、その第一歩になると信じています!

私たち飼育員はこれからも「ケア」の魅力をもっと知ってもらえるよう頑張っていきます!


2018年8月富川ブログ ケア15.jpgみなさんもぜひ、那須どうぶつ王国にいる「キノ」と「コア」に会いに来てください! 

飼育員 富川