Nasu Animal Kingdom Official Blog
オフィシャル・ブログ
王国タウン 2018/03/06 Nasu Animal Kingdom Official Blog オフィシャル・ブログ

冬場のカピバラの森

2018.03カピバラ1.JPG

今回は皆さんにまだ雪の残るカピバラの森、カピバラの生活風景をご紹介します。

今年も那須どうぶつ王国にはたくさんの雪が降りましたが、

積もっていた雪もだんだんと溶けてきて、カピバラ達は外に出て連日日光浴をしています。

日光浴をしながらウトウト。

じっと眺めていると、こちらもなんだか眠くなってきますね(*´`)


2018.03カピバラ2.JPG

しかし、まだまだ雪は残っていて、カピバラが夜間生活している、お部屋の前は雪の壁ができています。

高さはこの通り、こちらに映っているホウキは、一般的な掃除用のホウキです。ホウキの長さは約80cm、

雪の壁の高さはホウキの約倍...とても高いですね( ゚Д゚)

こんな雪の山を見ると、「カピバラさん夜の間寒いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。ですが心配はいりません。

カピバラが夜間生活しているお部屋は全部屋暖房完備!!寒い冬もぽっかぽか♪


2018.03カピバラ3.JPG

そんな雪の残る、カピバラの森で見られる期間限定な光景と言えば...そう!こちらのカピバラ露天風呂ですね!

露天風呂の周りにはまだ少し雪が残っており、外気温との差で温泉から湯気が立っています。

こんな風にカピバラと言えば、温泉に浸かっているイメージを、持っている方が多いのではないでしょうか?

しかし、野生下ではこのようなにカピバラがゆっくり浸かるための、温泉があるわけでは有りません。

ではなぜ、カピバラは温泉に入ることを好むのか、知っていますか?

カピバラの生息地は、南米のアマゾン川流域で、水辺に暮らす動物です。

アマゾンの平均気温は約26℃、最低気温は驚きの23℃だそうです!

また、雨はよく降り年間降水量は2000ミリにも達します。

なので、暖かい所や水の中が大好きなんです。

またカピバラは皮膚が乾燥しやすく、野生下では沼地などの水辺を生息地とします。

よって!水というものは、カピバラにとって必要不可欠なんです。

そして、先ほど説明したカピバラの性質をすべて叶えてくれるのが、温泉なんです!

しかも那須どうぶつ王国の温泉は水を温めているのではなく、王国の地下から湧いている源泉温泉なんです!

なんだかリッチなカピバラですね( ゚Д゚)!


2018.03カピバラ4.JPG

そんな温泉に浸かっているカピバラを撫でてみると、こんな風にうっとりした表情に


2018.03カピバラ5.JPG

そこからさらに撫で続けると...


2018.03カピバラ6.JPG

横になってしまいました(*´`)

撫でるのを止めるとこの表情


2018.03カピバラ7.JPG

まるで「やめちゃうの?」と言ってるようですね

ちなみにこちらのカピバラは、去年の夏に産まれたカピバラで、那須どうぶつ王国での、初めての冬を迎えています。

この様子だと、那須の寒い冬にはもう馴れてくれたみたいですね。

温泉に浸かっているカピバラ達をしばらく観察していると、数頭が温泉から上がってきました。


2018.03カピバラ8.JPG

そのあとを付いていくと...

雪を食べていました。

雪には水分補給と、温泉によって温まった体を冷ます、2つの効果があります。

なので、温泉から上がったカピバラ達はよくこの行動をとります。

こちらの光景も、冬季しか見られないとっても愛くるしい光景ですね。


2018.03カピバラ10.JPG

現在那須どうぶつ王国は、冬季期間営業の為、毎週土曜、日曜日のみのオープンで、

3月17日からはグランドオープンとなります。

是非、今の時期にのみに見れるたくさんの愛らしい光景を見に

那須どうぶつ王国へ遊びに来てください。