Environmental Conservation

環境保全

環境保全への取り組み

現在那須どうぶつ王国では、野生動物や環境の保護・保全・啓発に力を入れています。
保全の森では、ツシマヤマネコやライチョウなどの日本固有種を保護する事を目的とし、近縁種のアムールヤマネコやスバールバルライチョウをシミュレーション飼育・展示をしています。
飼育・繁殖などのデータを取り、他の動物園と情報交換をしながらツシマヤマネコ・ライチョウの保護に役立つ飼育技術の確立を目指しています。

スバールバルライチョウ(夏)

スバールバルライチョウ(冬)

アムールヤマネコ

マヌルネコ

ライチョウ域外保全への取り組み

2017年6月28日より、国の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。

受精卵の搬入

搬入された卵

孵卵器の中で誕生が待たれる

誕生したヒナ

ライチョウの成長記録

2017/07/20

成長記録ダミータイトル

ダミー本文2017年6月28日より、国の特別天然記念物であり、国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。国内希少野生動植物種であるライチョウの受精卵を受け入れ、孵化・飼育を開始しました。

環境保全の最新情報とメディア発信

ツシマヤマネコ保全の取り組み

レストラン・ヤマネコテラスではツシマヤマネコの餌場の確保を目的とし、佐護ヤマネコ稲作研究会が生産する「ツシマヤマネコ米」を提供しています。
食べる事でも環境保全に協力する事が出来ます。
ご飯を使ったメニューにはすべて「ツシマヤマネコ米」を使用。ヤマネコランチのパンは「ツシマヤマネコ米」の「米粉」を使用しています。

ヤマネコテラス

ツシマヤマネコ米の取り組み

ヤマネコランチ

ツシマヤマネコ募金箱

その他普及啓発の取り組み

動物のショーを通して、ご覧いただいた動物がどのような環境に生息しているのか、人間との係わり、生き物たちの現状にも興味を持って頂きたいと考えています。

環境教育

事前にご予約を頂いた団体のお客様に対し滞在時間中に、環境教育も行っています。
小学生から大人の方まで、野生の動物の生活や生きる為の工夫を体験できるゲームやプログラムがございます。
お客様が学習したい内容や、学校のカリキュラムに合わせてプランをお作りしますので、お気軽にご相談ください。