インカアジサシ

Inca Tern

分類 チドリ目カモメ科
学名 Larosterna inca
重量 170g?200g
体長 約39cm?42cm
食性 魚類(イワシ・アジ・甲殻類など)
分布 チリ・ペルーの太平洋沿岸

クチバシの付け根付近から白色の飾り羽がカールして生えているのが特徴。幼鳥には顔の模様はなく、全身が灰色がかった羽色をしている。岩の割れ目や地面のくぼみに巣を作るが、同じ生息域に棲むフンボルトペンギンの巣穴を使うこともある。小魚をつかまえる際、空中で停止しながら跳び(ホバリング)狙いをさだめて空中から勢いよく飛び込み刺すように魚を捕まえる事からその名がついた。