ゴマフアザラシ

Spotted Seal

分類 食肉目アザラシ科
学名 Phoca largha
最大体長 170cm
食性 小型のタラ・カレイ・サンマ・ミズダコなど
分布 ベーリング海・オホーツク海を中心に太平洋・日本海など

一夫一妻で4月に交尾、約1年後の3月~4月の流氷上で一子を出産する。授乳期間は2~3週間で、新生児は、白色の産毛に包まれて生まれ、流氷上では、保護色となる。個体数は全体で40万頭、うちオホーツク海に20万頭が分布するといわれている。冬から春にかけては流氷とともに移動・回遊するアザラシであるため、冬のオホーツク海沿岸でよく見られる。流氷上で育児を行う。流氷が消滅・後退すると北上する個体が圧倒的に多いが、北海道東部の風蓮湖や野付半島などにとどまる個体もいる。