フンボルトペンギン

Humboldt Penguin

分類 コウノトリ目ペンギン科
学名 Spheniscus humboldti
最大体長 68cm
食性 カタクチイワシなど
分布 南アメリカ沿岸地域

一生を巣と海を往復して過ごす。一般的にトンネルを掘り巣にしているほか、海岸の洞窟や丸石の間などを利用するが、ときには地表面にも巣を作る時もある。卵を2個産み、40日ほどでふ化する。南米では、産卵場の環境破壊、カタクチイワシの乱獲による餌の減少やエルニーニョの影響により個体数が激減している。ワシントン条約付属書1に指定されているため、取引が厳しく制限されている。