ブンチョウ

Java sparrow

分類 スズメ目カエデチョウ科
学名 Padda oryzivora
最大体長 14cm
食性 イネ・雑草の種子など
分布 インドネシア・マレーシア・フィリピン

野生種は全体的に青みかがった灰色をしており、ほおの部分に白く丸い部分がある。日本では、江戸時代初期に中国から輸入された。ヒエやアワなどの餌で簡単に飼育でき、人に馴れやすいため観賞用として愛好されてきた。手乗りブンチョウは雛の段階から飼い慣らされたものであり、大変愛らしくペットとして人気が高い。